欠陥中古住宅を購入しないためには?

中古物件を購入し、入居した後で欠陥が判明した事例はたくさんあります。
築年数がたっていても、まだまだ十分に住めると思って購入した住まいに重大な欠陥が見つかったため、仲介した
不動産業者に伝えても、物件が古くて契約で売主の瑕疵担保責任が免除されていると何も対応してもらえません。
また、たとえ瑕疵担保責任期間中であっても、欠陥の程度が大きくて売主が責任を負いきれないなどのトラブルも
あります。
裁判を起こして責任を追求するのも簡単ではありません。
住宅ローンで購入した大切な資産であるはずの住まいが、万一欠陥住宅だったら、後悔するだけでは済みません。

現在の中古住宅の売買においては、仲介業者は売主から建物の状態をヒアリングして重要事項説明書に記入するだけで、
ほとんど建物を調査する事はないのが現状です。
また調査したとしても、仲介業者は建築のプロとは限らないので、欠陥を見落としている可能性があります。
そして売主自身も自分の家について正確に状態を把握しているとは限りません。専門家でないので当然の事です。

購入者自ら欠陥住宅を見分ける方法はあるのか?

home3[1]

中古住宅はどんなにリフォームして見た目は綺麗でも、何らかの不具合が生じているはずです。
その不具合が築年数相応の経年劣化であればやむを得ないのですが、白蟻被害や雨漏り、不同沈下等の重大なもの
だとしたら購入する事はなかったはずです。

この様な事態を避けるために、ご自身でもできる事があります。
・基礎に大きなひび割れがないか
・外壁に大きなひび割れがないか
・屋根におかしなところはないか(屋根葺き材の割れやずれ、波打ちなど)
・雨樋に異常はないか
・室内の天井や壁に雨漏り跡(水染み)はないか
・浴室のタイルにひび割れはないか
・床がブヨブヨしているところはないか(特に洗面所、台所等の水廻りに注意)
・建具の開閉はスムーズか、隙間はないか
・床が傾いていないか(スリッパを脱いで歩いてみる)
・木部に腐食しているところはないか
・防蟻工事(白蟻予防のための工事)、外壁塗装工事の履歴を直接売主に確認する

以上の事は最低限の事ですが、是非ご自身で確認してください。もし気になる点がひとつでもあったら、建築の専門家
にホームインスペクションを依頼する事をお奨めします。
依頼先は仲介業者の紹介ではなく、第3者のホームインスペクターである事が重要です。
専門知識を持ったプロが建物を調査・診断するので、欠陥住宅の購入を防ぐ事ができます。
また、購入後のメンテナンスにどれ位費用がかかるのか等のアドバイスも受けられるのでより安心できます。
多少の費用はかかりますが、かかった費用以上の効果が絶対に得られるはずです。

千葉市のホームインスペクション専門会社タクトホームコンサルティングサイトTopへ戻る