不動産業者の皆様へ

2015年4月27日の日経新聞の一面トップに、「中古住宅販売時の診断義務化、政府・与党が法改正へ」の記事が掲載されました。ホームインスペクションの認知度が今後益々高まる事が予想されます。

中古住宅の売主様や買主様へ第3者によるインスペクションを奨めていただくメリット

  1. 売却後のトラブル回避
  2. 事前にインスペクションを行い、不具合や欠陥を明確にした上で取引を行えば、売却後のトラブルを未然に防ぐ事ができます。また、万一売却後に不具合が発見された場合でも、意図的に隠していたと誤解されずに済みます。
  3. スムーズな取引
  4. 売却を行う際に不利益となる箇所を事前に調査して修繕すれば、スムーズな取引が可能になります。
  5. 信頼度アップ
  6. 買主様は住宅購入にあたって少なからず不安になっています。建物に対して専門的な知識を持つ第三者が建物調査を行い、コンデションを明らかにして買主様への情報提供を行うことでより安心感が得られ、信頼度アップに繋がります。これからの情報社会では、不動産仲介業者として建物についてもしっかりとした説明を行わないと信用を失ってしまいます。専門的な第3者からの客観的な情報は買主様だけでなく、売主様、仲介業者様全ての人にとって利益になると思います。

賃貸アパート、賃貸マンションのオーナー様へ
第3者によるインスペクションを奨めていただくメリット

  1. オーナー様に修繕の提案をする際に、第3者の専門家による客観的な判断材料として活用できます。
  2. 管理会社や工事業者からの修繕計画の提案内容や修繕時期が適切かどうかを、第3者の意見を取り入れて判断する事ができます。
  3. 修繕か建て替えかの判断材料として、第3者の客観的な意見を取り入れる事ができます。

弊社では一棟売りのアパート、マンションのインスペクションも行っておりますので、是非ご活用ください。