ホームインスペクションガイド

そもそもリノベーションって何?

最近よく耳にする「リノベーション」という言葉。 「リノベーション済マンション」とか「リノベーション専門会社」とか言われていますが、そもそも「リノベーション」と「リフォーム」とでは、何が違うのでしょうか。 一般的には、比較的大規模なリフォームが「リノベーション」で、規模の小さなものが「リフォーム」とい … 続きを読む

見積書にはリフォーム会社の実力が反映される!

ハウスメーカーとゼネコンの資本提携が活発化しています。 大和ハウス工業は小田急建設に続いて2013年にはフジタを買収しています。 他には積水ハウスと鴻池組、旭化成ホームズと森組、最近ではミサワホームと大末建設、住友林業と熊谷組の資本業務提携が話題になりました。 住宅の新築市場が縮小していく中で、大手 … 続きを読む

空き家のホームインスペクション

現在、我が国では人口が減少傾向にあり、今月11日に発表された住民台帳に基づく2018年1月1日時点の人口動態調査では、9年連続で減少になりました。 人口が減少して空き家問題が大きな社会問題になっているにも関わらず、新築住宅の供給は依然として止まりません。 空き家が増える最大の要因は、明らかに住宅の供 … 続きを読む

あるリフォーム会社からの依頼

最近、リフォーム会社から問い合わせや相談を受けるケースが増えています。 多くがリフォーム工事でお客様とトラブルになっているので、中立的な立場で現場を見て、手直し工事の方法や工事範囲を決めるためのお客様との打ち合わせに同席して欲しいといった内容です。 つい先日も、あるリフォーム会社から同じ様な電話問い … 続きを読む

「隠れた瑕疵」をめぐるトラブル

中古住宅の売買では、時々「隠れた瑕疵」をめぐって売主と買主とでトラブルが発生します。 そもそも「隠れた瑕疵」とはどんな事を言うのでしょうか。 「隠れた瑕疵」とは、一般的には目に見えない瑕疵と認識されていて、すでに目に見えているものは「隠れた瑕疵」にはならないと思われている方が多い様ですが、これは正し … 続きを読む

危険なブロック塀が多いワケ

大阪市北部を震源とする地震で小学校のブロック塀が倒れて女児が死亡した事故をきっかけに、全国の学校でブロック塀の安全点検を行ったところ、現時点で建築基準法施行令の基準に合わない疑いがあるものが2498校で確認されたというニュースが昨日のY!ニュースに掲載されていました。 ブロック塀の危険性は以前から再 … 続きを読む

建設業を取り巻く様々な問題

大工が大幅に減少して、家が建たない時代が来ることが懸念されています。 野村総合研究所では、大工の人数が2015年度の35万人から、2030年度には21万人に減少し、住宅の建築需要に対応できなくなる可能性が出てきたと発表しました。 プレカットやパネル化など大工作業を工業化して、深刻化する大工不足への対 … 続きを読む

役所の検査

大阪府高槻市の小学校のブロック塀倒壊による死亡事故。 倒壊したブロック塀は、擁壁の上に後から積まれたものと思われます。 ニュース画像を見ると、あと施工アンカーが擁壁の上に残っている様子がはっきりとわかり、倒れたブロック塀からはアンカー筋が抜けた様子が見て取れます。 アンカーの施工不良が、ブロック塀倒 … 続きを読む

危ない住宅ローン

家を新築したり、購入する際には、ほとんどの方が住宅ローンを利用すると思います。 現在は一昔前と異なり、日銀のマイナス金利の影響もあって住宅ローンの金利は1%前後です。 今、住宅ローンを組んで家を買うのは正解の様にも思えます。 一方、近年ではローン破綻により念願のマイホームを手放す人も増えているといい … 続きを読む

ホームインスペクションに対する宅建業者の意識

4月にホームインスペクション(住宅診断)を説明義務化する「改正宅建業法」が施行されてから3か月が経とうとしています。 当初この改正によって、ホームインスペクションの普及が一気に加速するといわれていましたが、果たして国の目論見通りになっているのでしょうか。 手元にデーターがないので正確なことはわかりま … 続きを読む

1 2 3 4 5 6 52